ハゲやすい原因は男性ホルモンの分泌だった!

過度な運動はAGAを進行させる!~薄毛を防ぐ運動方法~

  • TOP
  • >
  • トレーニング方法を考える

減量を実践している男性は薄毛や脱毛に要注意です

男性

薄毛や抜け毛などの症状が発生するのは、日常生活で生じるストレスが原因になることもあります。ここではハードなトレーニングや生活習慣などにより発生してしまう髪への悪影響について詳しく説明していきます。

血行不良は脱毛や薄毛を大幅に進行させてしまう可能性が高いです

血液が頭皮に栄養を送ってくれることで髪の毛を成長させますが、血行不良になると必要な栄養が十分に送られなくなります。栄養の届かない毛穴から生えた髪の毛は、抜けた後も生えにくくなり、AGAを進行させてしまいます。

厳しい食事制限は多大なストレスを発生させます

トレーニングをして筋肉を効率的に鍛えるために、食事制限する人もいると思います。しかし、食事制限をすると、精神的に大きなストレスを生み出してしまいます。ストレスが原因で抜け毛や薄毛など、AGAの進行を早めてしまいます。

栄養不足はホルモンのバランスを乱れさせる原因です

筋肉を鍛えるときに必要な栄養だけを取っていると身体全体の栄養バランスが崩れてしまいます。栄養バランスが崩れることで男性ホルモンのバランスも崩れます。そうなると髪の毛の成長を妨げるので薄毛の原因になります。

AGA治療中の減量に関するQ&A

減量中に絶食を行なうのは大丈夫ですか?
すぐに体重を落とすためには絶食が効果的かもしれませんが、やはり栄養のバランスが崩れるのでAGAを進行させてしまう原因になってしまいます。AGAの進行を止めたいのであれば、絶食での減量は避けるべきでしょう。
好きな食事を我慢し続けるとAGAが進行するのは本当ですか?
好きな物ばかりを食べるのもいけませんが、我慢ばかりしているとストレスを感じてしまい代謝の低下や血流量の減少にも繋がります。そのせいで睡眠不足を招いてしまいます。ストレスもAGAの原因になりますが、不眠も育毛に影響を与えてしまうので我慢のし過ぎもいけません。
髪に悪影響を与えることなく減量を続けるにはどうすればいいですか?
過度の食事制限や炭水化物を完全に抜くダイエットなどはAGAを進行させてしまうかもしれません。また、減量をするなら少しのストレスを感じることはあるでしょう。ストレスもAGAの原因になるので、ストレスを溜め込まないように、時々ご褒美や楽しみを取り入れると髪への影響も抑えられるでしょう。

まとめ

正しい方法で減量を続けながらAGA治療を行えば、髪の毛を増やしつつ順調に減量をしていくことが出来ます。理想のスタイルを作りながら髪の悩みも解消したい場合は、事前に適切な減量方法を調べておくようにしましょう。

適度な運動はAGA予防にも役立ちます

適度に運動を行うことは身体中の血行を良くし、健康的な身体を作ることに繋がります。同時に薄毛や抜け毛などの症状も改善できるので、AGAに悩んでいる人は適な運動して、血行改善を行ってみましょう。

AGA改善に有酸素運動は特に有効です

AGAの症状を止めるために有効と言われているのが有酸素運動です。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動ならお金も手間もかからずに誰でも簡単に始めることが出来ます。有酸素運動がAGAの進行を止める理由をみていきましょう。

有酸素運動で得られるAGA改善に有効な効果

血行を促進させる

有酸素運動で血行が促進され、頭皮まで十分な血液が運ばれて栄養を届けてくれます。また、十分に栄養が行き渡ることで新陳代謝も良くなり、フケやかゆみなどの頭皮の悩みも解消されます。

汗を流すことで有害なものを体外へと送り出す

有酸素運動で汗をかくとAGAの原因となるDHTも汗と一緒に身体の外に出されます。薬を使わなくても、軽い有酸素運動でDHTも一緒に排出させることが出来るというのは、健康とAGAの両方に効果があってとても効率が良いですね。

ストレスを解消することで頭皮へのダメージを防ぐ

ストレスを抱えていると血管が細くなり、頭皮まで栄養を運ぶ血液の流れが悪くなってしまいます。また、ストレスはアドレナリンを分泌させてしまい、さらにアドレナリンが毛穴の詰まりの原因になってしまいます。有酸素運動をすることでこのようなAGAのトラブルを解消できます。

身体を鍛えながら薄毛を改善する方法

運動の量を減らす
運動量が覆う人や鍛えるために負荷の大きいトレーニングをしている人は活性酸素を取り込みやすくなります。活性酸素は皮脂を参加させてしまい、頭皮に悪影響を与えてしまいます。そのため、過度の運動は避けるようにしましょう。
食事をとらずに行なう運動はハゲを進行させてしまいます
筋肉を鍛えるためにはたんぱく質が必要になります。たんぱく質は筋肉だけではなくて、髪の毛を作るために大切な材料でもあります。そのため、たんぱく質が含まれている食事を十分に取っていないと、髪の毛の育成に必要なたんぱく質まで筋肉に持って行かれてしまいます。
正しい食生活を心がける
運動すると食欲が増すので、つい食べ過ぎているかもしれないと思う人もいるかもしれません。だからと言ってトレーニングに加えて食事を制限してしまうと身体と頭皮に悪影響を及ぼします。栄養の偏らない食事を心がければ大丈夫です。
辛い運動を長期間続けて行なわないようにする
過度の筋トレはAGAを進行させてしまいます。頭皮に影響を与えないためには、ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動を取り入れて、筋力を落すことなく薄毛の進行を食い止めましょう。
毎日十分に睡眠をとる
睡眠不足は育毛の妨げになります。髪の毛を成長させたいのであれば、夜に十分な睡眠を摂るように心がけましょう。健康な身体でしっかりと睡眠時間を確保することが出来れば育毛を促進させることが出来ます。
タバコを吸わない
タバコを吸うと血管を細くしてしまうので、運動をしたからと言って頭皮まで十分に血液が行かなくなります。健康面でも影響を及ぼし、頭皮へのダメージも大きくなるので、AGAの症状を改善したいと強く思う人は禁煙しましょう。

身体を鍛えるためにトレーニングを続けている人は、筋力を強化するためについハードなトレーニングをやってしまうことが多いでしょう。しかし。このような過度なトレーニングを続けていると髪や頭皮にダメージを与えて、ハゲやすい人になってしまいます。有酸素運動も取り入れて頭皮へのダメージを軽減させましょう。

TOPボタン