ハゲやすい原因は男性ホルモンの分泌だった!

男性らしい身体つきの人はAGAになりやすい!?

ワイルドな男性はAGAを発症しやすいです

筋肉

男性の中には、男らしい身体つきをしている人や体毛の濃い人がいます。筋肉質の身体はとても魅力を感じるポイントになりますが、身体を鍛えすぎると髪が薄くなったり抜けてしまったりする可能性が高くなってしまいます。

男らしさのある男性はハゲになりやすい

体毛の濃い男性がハゲてしまう理由
AGA(男性型脱毛症)になる男性は、男性ホルモンが大きく関係しています。男性ホルモンがDHTという脱毛ホルモンに変わることで薄毛になっていくのです。そのため、男性ホルモンが多い人はDHTホルモンも多くなりハゲやすい体質になるようです。
体毛が濃いと必ずハゲてしまう訳ではありません
男性ホルモンが多いと体毛が濃く筋肉質の身体を作りあげますが、男性ホルモンが多い=ハゲやすいというわけではありません。男性ホルモンがDHTに変わるためには、5αリダクターゼという酵素がないといけないので、男性ホルモンが多い人が必ずAGAになるとは限りません。

脱毛が発生しやすい人の特徴

親の家系にハゲている人がいる
ハゲやすい体質は遺伝すると良く言いますね。実は薄毛の遺伝子は母親から受け次ぐのです。そのため、父親がフサフサでも母親の兄弟や祖父が薄毛だとハゲやすくなります。また、男性ホルモンをDHTにする5αリダクターゼの活性力の遺伝は父母どちらからでも受け継ぎます。
神経質な性格
神経質な人はストレスを受けやすいでしょう。ストレスを受けると、血管が収縮してしまい毛母細胞や毛乳頭に必要な栄養が行かなくなってしまいます。栄養が行きわたらないと、髪の毛が抜け落ちてしまい薄毛になります。
睡眠不足になることが多い
夜寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、髪の毛が成長します。夜更かするだけではなく、スマホやパソコンを遅くまで見ていることでも十分な休息をとることが出来ず、髪の毛の成長に影響を与えます。
喫煙や飲酒を多く行なっている
タバコを吸うと血管が収縮されてしまい、毛根にまで栄養が行き届かず毛が抜けやすくなります。アルコールをたくさん飲むとAGAの原因となるDHTの生産を増やしてしまうため、ハゲやすい体質になってしまいます。
脂っこい食事を摂取することが多い
食事で油がたくさん使用されているものばかりを食べていると、血行不良になりやすく毛髪まで栄養が行き届かなくなります。また、頭皮から出る皮脂の量も増えて毛穴が詰まりやすくなるので、AGAの原因が増えてしまいます。
一日に髪を何度も洗ったり、長い間入浴しなかったりすることが多い
頭皮の皮脂やニオイが気になるからといって1日に何度も頭を洗ってしまうと、頭皮が炎症を起こしてしまいます。さらに髪が傷みやすくもなるので、洗浄力の強いシャンプーで何度も頭を洗うのは止めましょう。

ハゲやすい人は男性ホルモンが多い傾向にあります

男性ホルモンには様々な種類が存在しますが、その中でもテストステロンという成分は男性らしさを出すために最も大きな効果を発揮してくれています。ここではテストステロンの働きとAGAとの関連性を説明していきます。

身体の中に存在するテストステロンの働き

テストステロンンの働きはヒゲや体毛を濃くしたり、男性らしい肉体や骨格を作ったりするための働きをします。また、見た目だけではなく精神面や脳にも刺激を与えて、やる気や決断力、判断力を高める効果もあると言われています。

テストステロンが直接AGAの発症原因になっている訳ではありません

AGAの人は男性ホルモンの分泌量が関係しているようですが、その中で大きな働きを持つテストステロンはAGAに直接的な影響を与えているわけではありません。直接的に影響しているのはDHTですが、DHTはテストステロンから作られています。

筋トレやスポーツは男性ホルモンを増加させてしまいます

男性ホルモンが増えると、AGAの原因となるDHTも作られやすくなります。トレーニングをして男らしい身体を作ることは健康的な生活をするのに最適です。しかしあまりスポーツや筋トレに没頭し続けると、脱毛や薄毛が進行してしまう危険性があります。

身体を鍛えることが多い方は薄毛に注意

身体を鍛えると自然と男性ホルモンが分泌されます。そうなるとテストステロンの分泌量も増えてしまい、AGAの原因となるDHTもたくさん作られてしまいます。身体を鍛えることが習慣化している人は薄毛になりやすくなります。

運動不足になることでも薄毛は進行してしまいます

過剰な運動だけではなく、運動不足もムダな脂肪が増えて頭皮の皮脂分泌量も増えます。皮脂によって毛穴が詰まると薄毛になります。適度な運動をすることで、皮脂量を減らし血液循環を良くなり栄養が頭皮にまで行き渡りAGAの防止効果になります。

ジョギングなどの運動が特に効果的です

軽い運動でも汗を流すことで代謝が上がり血行改善と脂肪燃焼に繋がります。また、ストレスも発散されたり、汗をかくことで毛穴に詰まった老廃物を外に出したりする効果もあります。ジョギングのような誰でも簡単に出来ることなら、お金もかからずいいでしょう。

若い世代の方でもAGAは発症します

一昔前までは薄毛や抜け毛でハゲる人は、中高年に多くいました。しかし近年、薄毛や抜け毛を発症するのは30代ほどの若い世代でも多くいます。そのため、若い世代の人でもAGAの治療を受けている人が増えています。

最近は若い年代の方がハゲを多く発症するようになってきています

30代でハゲを発症した方の体験談

30代になって髪が多く抜けるようになりました(30代/男性)

20代までは髪の量が多いくらいで、薄毛とは無縁の存在でした。でも30代に入ってから抜け毛がひどくなっていき、気が付いたらつむじが薄くなっていたんです。大体2年くらいで頭皮が見えるほど薄くなってきたので治療することにしました。

生え際から髪が抜けていくのが感じられました(30代/会社員)

私は生え際から髪の毛が抜けていったんですが、特にシャンプーをしたときに髪の毛がたくさん抜けていきました。生え際から抜けていった髪の毛は、ある程度抜けると進行がストップしたんですけど、今度は頭頂部から抜けるようになりました。迷わず病院に行きました。

このように現在は30代の若い年齢の男性でも薄毛や抜け毛に悩み、AGA治療を行うのが一般的になってきました。薄毛や抜け毛などの症状で悩んでいる人は、これ以上症状が悪化してしまわないように早い段階で治療を始めるのが最適です。

AGA治療を始めるなら

AGA治療は専門のクリニックを利用することで改善します。下記では、AGA治療の詳細とおすすめのクリニックをまとめて紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

厳選・おすすめのAGAクリニックに関する情報

TOPボタン